★自然を求めて

画像

 ようやく自分なりに、生活ペースが安定し、心のわだかまりも消えつつある。
 多少時間の都合もつけられるようになる中で、
これまで自分で抑えていた「大自然に触れたい」欲求を満たすべく北海道旅行に行くこととした。

 日程は、7月12日(金)夜~7月17日(水)夜 と、フェリーを利用したマイカー宿泊型の旅である。

画像


 で、もと会社の同僚で(今は定年退職された)N さんと、一緒の旅。

 もともとけろっぷが目指していた、「北海道らしい」 大自然の写真 を伝えたが、
NさんはNさんで、行きたいところ(思い入れのある旭川、札幌)があるようで
後半の日程にそれを組み込むこととした。

 前日の夜、 夢を見た。

 なにやら狭い室内に、熊のはく製が飾ってある。
よく出来た熊だと思って見ていたら、目をパチクリとする。

げ~、本物だ、・・・ とびっくりしたところで、目が覚めた。

画像


 さて、自宅を夕方出発し、東北自動車道の最終地点である青森を
午前0時過ぎに通過。
 もちろん、高速代を半額にするためだ。

画像


画像


画像


 かくして、フェリー(今回、無理して1等客室利用)に乗り、
疲れていたので、仮眠をとる。

 ここで、またもや夢。
駐車場に止めていた愛車に、自動車教習所の車がバックで近づいてきて
車をこすりそうになった、・・・ ところで目が覚めた。

 いやいや、どうも疲れているのかも。

 で、函館到着。

画像


 さて、行くぞー。

 目的地は、富良野/美瑛 方面。

画像


画像


 ところが行ってみて驚いた。

 本来であれば、ラベンダーが敷き詰められ、見晴らしがいいはずの高原が
今年は植え替えで、まばらな様子だった。

 夕刻が迫ってくる中で、困ったなぁ、と思っているところに、
犬を2匹連れて散歩されたご婦人の方がいらしたので聞いてみた。

 元の景観を取り戻すまで、3年間くらいはかかるのではないか、
この近場では、他に 「なかふ(中富良野)」 の富田ファーム があるとのことで
行ってみることとした。

画像


画像


 ん~、確かに立派なんだけど、夕刻になっていて、雄大な景色を撮るための
場所の選定もできないし、この日は仕方ない、諦めた。

 ただ、翌朝は、美瑛に出かけて、朝日の写真を撮りたいな、
でないと、大枚と貴重な時間をかけて、わざわざこの北海道まで来た意味がないしな。

画像


画像


 ただ、ここでひとつ難問が待ち受けていた。

 同伴者のNさんが、このけろっぷの行動予定に理解を示してもらえず、
かなり無理があるのではと反発してくる。

(※この富田ファームでの写真でいいんじゃないか、と写真撮影に対して
個人的見解の押しつけを感じて、こちらも意固地になった感がある。)

 けろっぷとしては、これまでも自分の目的とする写真を撮るためには
多少の無理があってもやり遂げてきた自負がある。

 迷った末に、敢えて別行動も辞さない覚悟で、自分の行動予定を伝え
無理に承諾してもらった。


 室内は暑いし、イビキやらで、午前0時30分以降は眠れんかったな。

 とにかく、午前3時15分起床で、いざ美瑛へ。

画像


 途中の朝焼けが美しい。
(日の出は、約 午前4時)

 この風景に巡り合わせ、初めて、ああ、やっと北海道に来た、
という感じがした。

画像


 さて、美瑛。

 やはり、この高原が美しい。

画像


画像


画像


 ついで、摩周湖へ。

画像


 実はけろっぷは学生時代(20歳の頃)、サイクリングで北海道の摩周湖に夕方頃着いたが
霧のため残念ながら見られなかったという経緯がある。

 今回、初めてその姿を見れて感激だ。

画像


 近くの道の駅に行ったら、足湯があり、おばあちゃんが気持ちよさそうに
浸かっていたので、話しかけてみた。

「どう、おばちゃん、暖まりますか?」
「んだねぇ、暖まるなぁ。」

ん~ ? なんか、山形弁っぽいので、

「おばちゃん、どっこら来られたんですか?」
「山形県、天童市だ~。」

なにぃ、けろっぷの実家の所在地じゃないか。

 ということで、以下 山形弁での会話。

 ご夫婦で、毎年北海道旅行(自家用車での寝泊まり)をしていて
今年で11回目らしい。
 おばあちゃんが足が不自由で、車イスだがご伴侶の方が、介護しながら
回られているとのこと。

 今年は、さくらんぼが不作だった、 漬け物は青菜漬けをたくさん漬けたなどなど。

 いやぁ、ビックリした。

画像



 ついで川湯温泉へ。
 この共同浴場は、事前にインターネットで調べてあり、非常に好評である。
ph1.8 という強酸性の湯で、おかげで、けろっぷの右手中指のマメは、
すぐに癒えてしまった。

画像


 で、相方のNさんが、宿泊場所を確保し、チェックインしたのを見届けて
けろっぷは、さて美幌峠へ。

 
画像


画像


 霧がかかっているが、下界を展望しているようで美しい。

 今日はここに泊まることに決めた。

 夕方になりさらに霧が深くなり、美しい。

画像


 そして、翌朝 午前3時30分起床。

 道路側を見ると、なにやら2つの黒い影が見える。

 
画像


 そして下界を見ると、はっきりと雲海!

画像


 そしてご来光のセレモニーの始まりだ。

画像


画像


 考えてみれば、東日本大地震以来、自分の心の中で、自然に対する畏怖の気持ちが強く
そのままストレートに受け入れることが難しくなっていたような気がしていたが
この自然の感動シーンを得て、非常にありがたいと感じた。

 自然に対して、合掌し,感謝の念を伝える。

 さて、相方を宿泊地に迎えに行き、ついで網走の原生花園へ。

画像


画像


 そして空いた時間で、けろっぷ愛用のハーモニカで
ひとり「知床旅情」 を演奏。

※けろっぷは、今、カルチャースクールで、ハーモニカを習っている。

画像

(はまなす の写真)

画像


画像


さて、時間的にゆとりがあるところで、本日は旭川に宿泊することとなった。(相方のみ)

画像


 けろっぷは欲深なので、夕方の日本海の写真と、
温泉に入りたくて、相方をチェックインして降りて頂いてから
留萌界隈の道の駅まで足を伸ばす。

画像


画像


画像


 やはり夕焼けが美しい。

しばらく写真を撮った後に、一人物思いにふけり、
人が周りにいないのを見計らって、ハーモニカの練習に励んだ。

画像


 5~6曲くらい吹き終えたころだろうか。
 とつじょ、左手から、ケーナの笛の音が響きだした。

 「コンドルは飛んでいく」を練習されているようだ。

 これも縁かな、と思い、こちらから声をかけてみた。

画像


 千葉県から、ご夫婦で5週間の北海道旅行に来ているとのこと。
(長野にログハウスの別荘を持っていながらも)基本は「貧乏旅行」を心がけているとのこと。

 いろんな節約の極意を教えて頂いた。

画像


 さて例によって早起きし、Nさんの宿泊されてる旭川へ。

 ついで、この日は札幌宿泊。

 Nさんは、この札幌の地に詳しく、いろいろと案内したかったようで
この配慮に感謝しつつ、ビールとジンギスカンの味に舌鼓を打った。

 かくして、また本州に戻ったのでした。

 めでたし、めでたし。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた
ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

んげず
2013年07月22日 12:29
ケロップさん。しばらくぶりの気ままな旅ですね!
北海道!でっかいどう!!ですね。
小生は3月末に出稼ぎ終えて、4月初から新しい仕事ですがそけいヘルニア手術等々病気がちでやっと体調が戻りつつあります。まだまだ爺様になるには若い(自称・自認)ので先週末仕事(出張)にかこつけて会津駒ケ岳に登って来ました。ケロップさんと同じで車中箔して往復6H強の久しぶりの山登りでしたが大丈夫でした。再び体力に自信が持てたのでアウトドア復活!!がんばっべ~山形人。
2013年07月22日 13:17
ケロップさん。
久しぶりの写真、心待ちにしていました。
それにしてもいきなり北海道とは。フェリーから見た海の夕日の美しさ。そして北海道の広さ。はたまた咲き誇る花々は心にしみてきますね。貴兄のメモを見ていると、ずいぶん早い時間に撮影しているのですね。北海道のように空気が綺麗な場所の早朝の空は、驚くほどきれいですよね。
私は、そんな経験をしたことがあるのかなと思ってしまいました。
そしてそんな旅を5日間もする稔て。なんて贅沢なんだ、とも思ってしまいました。1枚1枚の写真は後でじっくり見せてもらいます。
何よりも貴兄の写真を見られたのがうれしい。ケロップさんありがとう。そして奥様によろしく。
おだっち
2013年07月22日 14:11
ケロップ、久しぶりのブログ更新ありがとう
いいですね~
雄大な自然に5日間も満喫でき最高でしたね♪
羨ましい
私は、4月から新しい職場で看護師として頑張っています。施設の中に「野の香お花クラブ」を作り
入居者さんにお花を教えたり、自宅に教室を作りお弟子さんに教えたり、趣味と実益を兼ね息抜きしながら日々暮らしております。また、芋煮でお会いできる日を楽しみにしております。
けろっぷ
2013年07月22日 16:06
んげずさん、しばらくでした。
でも手術で入院?されてたのにはビックリです。
んげずさんが、「病気がちだ」なんて似合わない。
 お互い、健康に注意してまだまだ人生をEnjoy すっぺや~
けろっぷ
2013年07月22日 16:18
吉さん、こんにちわ。しばらくぶりのブログ更新にもかかわらず、素早いコメント、本当に有難うございます。
 久しぶりの旅、でした。カメラのほうもその使い方を忘れているところがあり、目の前に迫った自然の風景を無我夢中で撮っていた感じです。吉さんと、東北の景勝地巡りと温泉+B級グルメの旅をするのを、楽しみにしてます。
けろっぷ
2013年07月22日 16:24
おだっち、コメントありがとう。
新しい職場で、頑張ってるんだね。おだっち、いい性格してるから、きっと入院患者さんなんか、安らぐんじゃないかな。お互い健康にしてまたみんなで芋煮会にでも会うべ~。楽しみ楽しみ。んげずさん、宜しくあいしゅう~。(^_^;)
こぶんちゃん
2013年07月22日 19:09
けろっぷさんお久し振りです
皆んな元気で楽しい生き方してますね。北海道の雄大さが伝わってくる写真の中で、アーチ越しに沈む夕日にハーモニカーの音色なんと素敵ではありませんか♪郷愁を誘う光景に感動しました☆
最近感動することがなくって少しだけ寂しい思いをしてましたが、けろっぷさんの写真で、私も雲海からのご来光と、茜色に染まった夕日をみたい!と強く思いました。願いが叶ったらメールしますね
再会楽しみにしてます^^

けろっぷ
2013年07月23日 10:22
こぶんちゃん、ご無沙汰してました。まだまだ元気な、こぶんちゃんのトレッキング情報楽しみにしてま~す。
ヒデ
2013年07月23日 20:18
7月3日~6日、妻と苫小牧から秋田にフェりーで自家用車で入って男鹿半島、角館、最上川下りを経由して新潟から帰りました(安い旅行を新聞で見つけたので)。昨年の十和田といい同じような時期に同じような場所を旅行しているので驚きました。札幌にも来たのですね。今度はどこかでmatchingしたいですね。
けろっぷ
2013年07月25日 21:29
ヒデさん、しばらくでした。
そうか、この時期東北にいらしてたんですね。
 その昔、偶然に仙台駅で出くわしたことといい、不思議とはち合わせしそうな場面が多いんですね。
 今度はそちらに出かける前に、連絡させて頂きますね。